オルビスクレンジングリキッドについて

あなたがクレンジングを選ぶとき、何を一番に気にしていますか?値段?香り?洗い上がり?成分?
肌が敏感な方にとって、クレンジングの成分はかなり気になるはず。
ここではオルビスクレンジングリキッドの成分について解説します。
オルビスクレンジングリキッドを購入しようか迷っている方は、検討材料にしてみてくださいね。

 

オルビスクレンジングリキッド ボトル入り 150mLに含まれている成分
DPG、水、トリイソステアリン酸PEG−20グリセリル、イソステアリン酸PEG−20グリセリル、
ヤシ油脂肪酸PEG−7グリセリル、ジフェニルシロキシフェニルトリメチコン、
ジイソステアリン酸PEG−12、ステアリン酸PEG−45、グリセレス−12、イソステアリン酸PG、
シクロペンタシロキサン、プロパンジオール、グリチルリチン酸2K、セリン、グリシン、アラニン、
ヒアルロン酸Na、ローズマリーエキス、BG、クエン酸、クエン酸Na、トコフェロール

 

ヌルつかずさっぱりとした洗い上がり!なのに保湿力バツグンの理由は成分にあり
オルビスクレンジングリキッドは、リキッドタイプのクレンジング特有の油膜感がありません。
それなのに、洗い上がりは肌がつっぱることもなく、保湿力がかなり高いと言えます。
その理由は、オルビスクレンジングリキッドに含まれている成分にあったのです。

 

まず、とろみのある美容液のようなテクスチャーは肌を刺激することなく、優しくメイクを落とせますし、
オルビスクレンジングリキッドに含まれている成分の30%以上は、素肌の保湿バランスを保つ成分とのこと。
洗い上がりの肌の乾燥が気になるという方も、安心してメイク落としができそうです。

 

肌に優しい成分、それは無油分・無香料・無着色にアリ
オルビスクレンジングリキッドには、余計なものが一切入っていません。
無油分・無香料・無着色ですから、肌に余計な負担をかけることもありませんよ。
また、肌と同じ弱酸性ですので、敏感肌の方でも安心して使用できるのではないでしょうか。

 

余計なものが一切入っていないというだけでもかなりポイントは高いですよね、それに加え保湿力まであるのですから、
肌のことを第一に考える方にとって、これは使わないわけにはいかないはず。
肌を労るクレンジングを始めるためにも、オルビスクレンジングリキッドを試してみてはいかがでしょうか。
きっと今までにない洗い上がりにハマっていくこと間違い無しですよ。